大人気マンガシリーズ、進撃のミカさんの「妹の結婚式で発覚した衝撃の嘘」を紹介します。
やっと披露宴が開始されたにもかかわらず、新郎の挨拶では、遅れてきた謝罪は一切ありません。

その後も妹と新郎は醜態を晒し続けます。
ケーキカット後のファーストバイトではドレスを汚したと言って言い合いになり、さらに時間が押すことに…。

次に新婦の家族への手紙が始まり、当然自分のことには触れないだろうと彼が高を括っていると、妹の口から衝撃のセリフが飛び出します。
「病気で他界したお兄ちゃん、天国で見てくれていますか?」…。

驚く彼をよそに、その後も、妹のありもしない作り話が続きます。

妹の結婚式で発覚した衝撃の嘘


出典:進撃のミカ

スピーチが締めくくられる


出典:進撃のミカ

去ろうとする妹


出典:進撃のミカ