下品で空気を読まない女の末路#4

主人公は、自称“誰よりも空気を読んでいる女”。
空気が読めないふりをしているつもりの主人公は、よく同僚の問題に首を突っ込みます。
しかしその空気の読めない言動で同僚たちに嫌われていて…。

深夜、同僚に電話をかけて、話すよう強要した主人公。
電話で寝不足になると、同僚の話を聞いていたせいだと言い始めて…。

≪HPはこちら≫

責められて心外


出典:オンナのソノ

心底迷惑な電話


出典:オンナのソノ

かかってこなくてよかった


出典:オンナのソノ